5月23日に、東北支部主催のオフミに参加してきました。
 本当は、午前中限定のショートツーリングの予定でしたが、としろさんからの電話で心が動きました。家内に頼み込んで何とか夕方5時まで限定で参加することになりました。Rで参加すべく夜中にごそごそと準備をしたまではよかったのですが、最後の最後アクシデントがあって、1号機での参加となりました。
 岩手日帰り「ちょっとそこまでツーリング」の概要を紹介します。
 朝5時頃自宅を出発し、ガソリンを満タンにした後、ひたすら高速を走りました。最初の給油ポイントは福島県の国見SAでした。7時ちょっと前について、冷えた体を温かい蕎麦で温め、給油しました。188km走って燃費が12km/l(ひどすぎる・・・)。2時間でこの距離を走ってきたのですから、そんなにスピード出してないでしょう(-_-;)
 この燃費が、私の次の行動計画を制限してしまいました・・・。
 次の給油ポイントとして考えたのが前沢SAでした。岩手県に入っていました。まだ8時半前だったので、トイレ休憩を兼ねて前沢牛タンを食しました。4枚で700円・・。決して安くはないですが満足しました(^_^)v
 ここから東和IC目指してゆっくりと走りました。道路は込んでいなくて快適でしたが、最低気温12度の道を走ってきた私は体が冷え切っていました。
 9;15頃、道の駅とうわに着くと、すでに岩手組と花巻温泉前泊組のけんださんやせんちょうさんがいました。予告なしに参加したので、けんださんはびっくりしていたようですが、あいさつ代わりに整備不良の1号機を責められました(^_^;)
 本当の目的は、「Rを2台並べて写真を撮る」ことだったのですが、残念ながら1号機とRDとの2ショットになってしまいました。
 しばらくRは復活できないので、2ショットのチャンスは当分やってこないかもしれません(;_;)
 東北支部、今年最初のオフミは岩手組が主催してくれました。10時までに岩手組をはじめ、青森、秋田、山形から続々と集まってきました。F以外のバイクも結構ありましたが、全体で22台のバイクがそろうことになりました。久しぶりの大所帯でした。
 最初に自己紹介をしました。
 主催者の岩手組の皆さんです。その後、山形や秋田、青森と続きました。
 ともさん、HITORIさん本当にお世話になりました。
 一番遠くから参加した暮爺Fは、400kmの道のりを楽しんできました。
 道の駅を出発した一行は、低速コーナーのライディングをHITORIさんが撮影してくれたり、岩手のワインディングを堪能したりしました。やっぱり下道は楽しいです(^_^)。
 ただ、高速を走っているときより回転が上がっていたような気がします(^_^)v
 次に向かったのが、道の駅遠野「風の丘」でした。変わった風力発電がありました。ここで昼食をとる予定でしたが、大混雑の満員御礼で、もっと東和よりに移動することになりました。なにせ、22人の大所帯でしたからね。
 私は、「5時までに帰る」という約束があったので、昼食場所から一人離脱しました。ガソリンを入れて高速に乗ったのですが、ハイオク156円でした。高速のSAは151円だったので、びっくりしました。
 道路情報では、雨のためスリップ注意という表示でした。私は、前沢SAで昼食を兼ねてカッパを着ました。ここで、としろさんに雨情報をメールしました。
 ほかのライダーもここでカッパを着ている方々が多くいました。程なくして雨に降られましたが、法定速度巡航で行ったのでそれほど気になりませんでした。でも、寒かったです・・。
 途中、霧雨のような雨でしたが、ずっと濡れ続けました。再び国見SAで給油をし体を温めるために蕎麦を食べました。
 ここからはノンストップで自宅まで走り続けました。途中国見から磐梯山までは道路が乾いていましたが、会津に入るとまた雨になりました。
 全走行距離が930km、13時間のツーリング(バイクを降りていた時間が3時間ほど)をほとんどの時間一人で過ごしましたが、睡魔にも負けずに無事走ってくることができました。
 「爺さんだけど、まだまだいける!」とちょっと自信ができました。
 心の傷は癒えませんが、楽しい時間を過ごすことができました。
 企画してくださった皆さん、参加してくださった皆さん、お世話になりました。